グループ概要

1964年
1948年にボンベイ大学を卒業後、ムンバイのグラント医科大学から病理学および細菌学の博士号を習得したDR.VINOD.G.DAFTARYは、アメリカ合衆国WALTE HOSPITAL(ワシントンDC)において更なる研究生活を送った後、インドで初となる血液バンク(血液センター)を設立し、1964年に病理研究用の検査試薬キットの製造のためBharat Laboratoriesを創立。

1972年
BHARAT LABORATORIESを発展させ、血液成分療法のインド国内への導入、血液成分と血漿製剤の国内製造、製造物のインド国内と海外で販売を目的にBHARAT SERUMS & VACCINES LTD. (BSVL)を設立。

1991年
BSVL社の診断薬領域での専門技術・知識を生かし、Advy Chemical設立。
Advy Chemical社は、ヤギを用いた抗ヒトポリクローナル抗体の製造、ヒト血清タンパクの精製を開始し、世界中の体外診断薬会社に費用対効果の優れた免疫診断試薬を提供。今日、抗血清および抗原は、Advy Chemicalのビジネスモデルの中核となっている。

1996年
インドで初となるGCP準拠の臨床治験受託機関、Siro Clinpharm Private Limited. 設立。

2003年
BSVL社、ムンバイ郊外のアンブラナスに注射剤工場を建設。
この工場はU.K.のMCAガイドラインに従い建設され、WHO-GMPの承認を受ける。

2004年
Siro社、最大の多国籍CROのひとつであるCOVENCE社(アメリカ合衆国)と企業連携締結。

2005年
BSVL社、腫瘍治療用注射剤の製造販売のために、Zydus Cadila社と出資比率50:50のジョイントベンチャーを立ち上げ。

2008年
SIRO社、欧州主要CROでドイツに本社のあるのOMEGA MEDIATION社の株式100%を取得。
BSVグループの日本における事業展開を主な目的としてアドビー・ジャパン(株)設立。

2013年
アドビージャパン,業務拡大のため本社を現在地に移転。

グループ会社へのリンク

ページ上に戻る